3月に入り、いきなり春の嵐!!

 

しかし、その嵐は

あったかーな春を運んできてくれたようです。晴れ

東京は20度を超えたとか・・・

こちら愛知県も風は強いですが、

気温はグングン上がっています。しゃきーん↑

 

植物は季節を ちゃーんと知っていて、

パンジーの花が増え始めたり

地面のあちらこちらから 芽吹きを

感じます。

自然ってすごいですね。晴れいちご晴れいちご虹

 

さて、お子さんと一緒に、この時期に

出かけると、大人では見つけられない

「春」を子どもは 目ざとく 見つけますよねクローバー

 

大人よりも 視線が地面に近いせいか、

虫や、草花など、

 

「あった! いた!いちご

と トコトコ 春の産物を目指して

走り出す姿は 本当にかわいいです。ハートハートハート

 

子どもは 大人に、自分が小さかった頃を

思い出させてくれます。

幼い頃 興味シンシンで、追いかけていた

「大好きだったもの」

それらの記憶が どんどんと

よみがえってくるのも

子育てあるある」なのではないでしょうか。

 

このきよみがえってくる記憶き

これは、 自然の感じ方や遊びに、

とどまらず、

悲しかったことや、嬉しかったことなど

「さまざまな感情の記憶」

も含まれます。

 

そして、そんな

おめかし子どもの頃の記憶」こそが

子育ての中で とても大切なものだと思います。

 

二〜三歳の頃の記憶

幼稚園 保育園時代の記憶

小学校、中学校での様々な記憶

 

話題のカーリングの女子選手の言葉

 

苺そだね〜!にじ晴れ

 

ではありませんが、子どもの思いに

 

「わかるよ〜き そうなんだよね〜き

 

という コミュニケーションは

子どもの 気持を癒し、

自ら立ち上っていこうとする勇気に

つながっていくと思います。

 

心もポカポカしてくる春です。ハートハート晴れ

ご自分が幼かったころのことを思い出し

その記憶を大事にしながら

お子さんと気持ちを共感しあって

素敵な 春をお過ごしくださいませ〜ハートハートハート

 

 

 

 

ピョンチャンオリンピックが開催されました。

メダルに手が届いた選手、

期待されながら悔し涙をながした選手

どちらの姿にも感動を覚えます。

 

その感動の源は

選手がここまで頑張ってきた

 

き努力き

 

に、思いを馳せるからだと思います。

オリンピックの舞台に立つまで、

きっといろんな壁があったはずです。

それでも負けずにここまで来た選手たちに

心から拍手し、まだ続く選手の

真剣な姿を応援したいと思います。

 

さて、先日、男性の若いピアニストの方と

お話しする機会がありました。

全国をコンサートツアーでまわっていらっしゃる

多忙な中で、今もって、寝る時間を惜しんで

毎日、練習をされているとのこと。

 

そんな人間力のある方を前にすると

俄然、幼児教育現場にいる者として

矢継ぎ早に 質問が口から溢れました。

 

その質問の中で、

 

 小さい頃、ピアノが嫌になることは

 なかったですか?

 嫌になった時は 

 どうやって乗り越えたんですか?

 

という質問に対して

 

「練習は ずーと 嫌だった。

 

 でもピアノは ずーっと 好きだった。

 

 だから 続けられた。

 

という言葉が、とても印象的でした。

 

小さい頃は

 

「練習しないで いきなり好きな曲を

 上手に弾けたらいいなあ・・・」

 

と、毎日思っていたそうです。

 

しかし そうは問屋が卸さず、

上手に弾きたい!ピアノが好き!

という この「情熱」が 

練習嫌いの気持ちに勝り

練習を重ね、努力を重ね、

今や、日本全国を公演してまわる

ピアニストになられたようです。

 

オリンピック選手も

芸術家も

どんな分野の方でも

 

きらきら好ききらきらが 

頑張るための 最大なモチベーションなんだ!

 

と、つくづく感じた時間でした。

 

子どもたちがそれぞれに

自分の中のき大好きき

見つけられるよう

幼い時期に 様々な物にふれ

様々な場面を体験する・・・

 

き教育は 場面の提供き

 

初代ベル幼稚園の松濤基道園長の

言葉が心に響いてくる今日です。

 

 

自他とも認める

「グータラかあちゃん」の

筆者ですが、子どもが小さい時に、

唯一、真面目にやっていたのが

き寝る前の絵本の読み聞かせき

でした。

 

子どもが1歳の頃、

「おつきさま こんばんは」という

絵本を読んだことがありました。

読んだ後に 窓辺に行き

「おつきさま こんばんは〜月

と 息子を抱き上げると一生懸命手を伸ばして

「こんばんは」と言いたげに

赤ちゃん言葉で何やら月に話していました。

今でも 月を見るたびに

「あの頃はまだ、私の腕の中に

 すっぽり入っていたんだよな〜ハート

と懐かしさを覚えます。

 

そして、2〜3歳頃、

「バムとケロシリーズ」の犬とカエルの

登場する絵本が 息子の

大のお気に入りとなりました。

そして、

「ぼくも カエルさんの

 友だちが欲しい!kamule

と、さっそく、近くの田んぼに

カエルを探しに行ったことがありました。

 

そこには、母の予想以上におい

たくさんのカエルが

「まってたよ〜」と お出迎え!!!

kamulekamulekamulekamulekamulekamulekamulekamulekamulekamule

 

息子は大はしゃぎ。。ハート

母は後ずさり・・  矢印

 

そんなことも楽しい思い出です。

 

手に障がいのある女の子が出てくる

「さっちゃんのまほうの手」を

読みながら、読んでいる親の方が

泣けてきてしまうと

息子の目からも涙が。。。

そんな姿に、成長を感じたこともありました。

 

つくづく絵本は

子どもにすばらしい

世界を知らせてくれると思います。にじ晴れ

 

絵本を通して

フィクションやノンフィクションの世界があることを知り

世界は広いことを感じさせてくれます。

約束を守ることの大切さや

まわりに迷惑をかけることの愚かさも実感します。

昔の人は貧しくて、苦労しながらも明るくがんばっていたことに感動し

戦争の悲惨さも知ります。

優しさと勇気のある人は、世の中から求められ愛されるということに目を輝かせ

ユーモアーは人を幸せにするということを学びます。

 

絵本の中で、知り、学べることをあげれば

もっともっと出てきそうです。

 

みなさんも経験があるのではないでしょうか?

子どもがよくするしぐさ・・

絵本を持ってきて、親の膝の上に

ストンと座る愛らしさ。。

子どもの頭がちょうど、自分のアゴの下に収まり

アゴで頭をなでるような気持ちで、

絵本を読み聞かせる楽しさ。。

 

そんな経験が出来るのも、ほんの束の間・・

子どもが小さい時だけです。

この時期は、ほんの一瞬です。

 

子どもの心がやわらかい

幼児期に、是非、親子で

楽しい絵本のひと時を過ごされることを

お薦めいたします。

 

 


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
        

プロフィール

カテゴリ

        

最近の投稿

過去ログ

モバイル

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM