先日、新聞で 

 

妊婦の頼り「里」より「産後院」

 

という記事を目にしました。

 

ひと昔前までは、産後は、実家に帰り、

実家の家族にサポートしてもらいながら、

産褥期を過ごされる方が多かったようです。

 

しかし、昨今は

核家族や、晩婚化も進み、実家の親は、

祖父母の介護の時期などと重なり

実家自体が、娘と赤ちゃんを受け入れる

余裕がない場合が増えてきているといった

社会背景もあるようです。

 

韓国や台湾などでは、

産後ケア用の施設の利用は

もはや常識だそうです。

そういえば、日本の、某有名女優さんも 出産後は

韓国の産後院で産後ケアを受けていたと

報道されていたことを思い出しました。

 

日本の産後ケア事情は?

といえば 日本も 政府は

一億総活躍プランの中で

「産後ケア」を取り上げたそうで、それにより

国内でも近年、産後院や

産後ケアをしている施設が、

増え始めているようです。

 

ちなみに地元、豊田市、みよし市の

ホームページにも 市内の産後ケア施設の 

ご案内が掲載されていました。

 

豊田市  http://www.city.toyota.aichi.jp/kurashi/kosodateshien/ninshin/1020849.html

みよし市 http://www.city.aichi-miyoshi.lg.jp/kenko/boshi/sanngo.htm

 

施設によっては、

デイサービスや 宿泊型もあるようです。

また、授乳、育児指導のみならず、

親のストレッチ体操や

乳腺炎予防ケアなど、

対応してくれるところもあるようです。

 

精神的にいっぱいいっぱいに

なってしまうのが、産褥期。

そんな不安な気持ちを

「保健師さんや 施設のスタッフに

 聴いてもらうことがとってもよかった!」

という利用者の声も多くあるようです。

始めての出産は

わからないことだらけですよね。

出産後の短い入院期間に、

助産師さんや保健師さんから

あれやこれやと、教えてもらっても

実際に、自宅に戻り、

一人で育児をしてみると

わからなことだらけ・・

不安だらけ・・ということも

「産後あるある」だと思います。

 

ご家庭の収入状況によっては

公的利用補助も出るようです。

 

子どもは社会の宝!

自分ひとりではなくて、

いろんな力を借りることは

手を抜くことでも何でもなく

前向きな子育て

だと思います。

 

安心感は お母さんの笑顔のもと!

笑顔で 子育てを!

CIMG0356.JPG

 

 

 

 

 


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
        

プロフィール

カテゴリ

        

最近の投稿

過去ログ

モバイル

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM