先日、知人が乳がんで亡くなりました。

彼女は、私に

「健診は 本当に大事 ちゃーんと毎年行かなきゃだめよ」

という言葉を残しました。

 

乳がんは40代の年齢に罹患するのがピークのようですが、

ここ10年は、30代の方も乳がんにかかる率が高くなっているそうです。

それは食生活の変化と、初産の年齢が昔に比べ、遅くなっていることが原因のようです。

先日、やはり乳がんで亡くなられた小林麻央さんも30代でした。

 

この年齢は、子育てをはじめ、日常が忙しい時期で、

自分のことなど、かまっていられず

なかなか健診に行こうと思わない年代です。

 

しかし!

 

早期発見のためには、やはり

健診が大事ですよね。

 

知人も41歳で乳がんに

かかっていることが分かりました。

もっと、早く見つかっていたら・・・

と、本人が 一番、悔やんでいると思います。

 

乳がん検査には

マンモグラフィーと超音波エコー検査がありますが、

超音波検査エコー検査は、マンモグラフィーでは、はっきりしない小さな乳がんを見つけやすく

マンモグラフィーでは、早期がんの徴候のひとつである細かい石灰化の検出率が高いようです。

なので、費用、時間等、事情が許せば、両方受けるといいようです。

 

ついついお母さんは 自分の体のケアより

家族のことが優先になりがちです。

しかし!!

母さん元気で 家族も元気!

 

どうか くれぐれもご自愛ください!!

 

ちなみに筆者は毎年、エコーとマンモグラフィーの検査を

受けています。

マンモグラフィーは痛いから嫌・・

と思っている方もいらっしゃるようですが、

それほどの痛みでもないですし、3秒〜5秒で終わりです。

癌に気づけず進行してしまった後の 長期にわたるつらい痛みに比べたら・・・

数秒で終わる痛みなど 何のそのです!

 

ね!!ハートハートハート

自分だけのためでなく

家族のためにも

健診に、行きましょう!!

 

 

 

 

ぐっと 寒くなってきました。

ハロウイーンが終われば、次はツリークリスマス・・・

いよいよ さむーい季節がやってきます!

 

そして、この時期、

真っ赤なお鼻のトナイカイさんは〜♪

の お歌のように

小さいお子さんのほっぺや

お鼻 あご は トナカイさんに負けないくらお

赤く カサカサになってしまい

いわゆる「肌の荒れた状態」になる子が

多く見られます。顔顔顔

 

これは、子どもは大人にくらべて、

皮膚が薄いことに合わせて

(大人の半分くらいの厚さともいわれているようです)

皮膚を細菌から守る

「バリア機能」も 未発達なため

肌荒れは 大人よりひどくなるそうです。

 

なので、痒くなって

掻いてしまうと、その傷口から

細菌が入り込み、肌荒れが

一層ひどくなってしまうようです。汗汗

 

この未発達なバリア機能を補うためにも

子どもさんには、子ども用の

低刺激のクリームなどを使い

ぴかぴか「保湿」ぴかぴかを心がけてあげたいものですね。

 

また、乾燥を防ぐために

手を洗ったあとなどには、ぬれたままにせず、すぐ拭く。

お風呂などで長湯しないアセアセ

(油分が流れ落ちたり、肌の水分が蒸発することを防ぐため)

暖房する際は お部屋の湿度がある程度 保てるように工夫する。

ホットカーペットなどに 直接寝かせて お昼寝などさせない。

(肌は途端に乾燥してきますし、喉や鼻の粘膜も乾燥してしまいます)

 

子どもの肌は大人の肌より

ガーンネコ薄い!バリア機能が弱い!・・・

それを頭に置いて、

少し 気にかけてあげるだけで

 

きお子さんのお肌は潤い、き

き心も潤い、機嫌がよくなりき

 

楽しい冬を過ごせることに

つながりそうですね。リラックマVer.2リラックマVer.2リラックマVer.2

 

うるおい いっぱいの 楽しい冬を

お過ごしくださいませ〜りんごりんご

 

 

10月に入り、雨・・雨・・雨・・

そして本日、久しぶりに太陽の顔が見られました。

しかし、気温は低く、いよいよ

冬の足音が聞こえ始めたように感じます。どんぐり風風

 

寒い時期に起こりやすい子どもの事故は

やけど と 交通事故だそうです。

 

小さいお子さんのいるご家庭では、

暖房器具を使うようになると

ファンヒーターや、電気ストーブのまわりに

安全ガードなどを設置れているお家も

多いかと思いますが、

やけど事故原因で一番多いのは

暖房器具によるものよりも

冬にかかせないメニュー・・

温かいお鍋や、スープなどによる

食事に関するものが多いそうです。

くれぐれも テーブルの上の

やけど事故には、ご注意ください。

 

万が一 やけどになった場合、

応急処置の基本は

熱いものから、すぐに子どもの体を離し

流水で冷やすことです。

洋服を着ている場合は皮膚がめくれないように

無理に脱がせず、洋服の上から流水をかけ続ける。

また、やけどの面積が広い場合は、

迷わず救急車で医療機関に運ぶ

とっさの時には慌ててしまいがちですので

この流れを頭に収めておきたいものです。

 

また、暖房器具の扱いで、忘れがちなのは、

灯油のポリタンクなどの扱いです。

ヨチヨチ赤ちゃんは何でもなめてしまいます。

ポリ容器の注ぎ口付近に灯油が付着していたら

それらも危険です。

また、マンションのベランダなどに、ポリタンクなどを

並べておくと、それを踏み台にして

ベランダからの転落事故を誘発していまうことも

あるようです。

冬ならではの器具や燃料の扱いにも注意が必要ですね。

 

そして、交通事故です。

交通事故が多いのが

Docomo_kao1810月から12月の夕方Docomo_kao18

だそうです。

夕暮れ時は ドライバーからは

歩行者が一番見えづらい時間帯です。

この時期の夕方に事故が多い理由は、

午後7時頃まで明るい夏に比べ

5時くらいには日暮れとなり

この時間帯が ちょうど

お子さんのお稽古の送り迎えなどで、

ヨチヨチの小さいお子さんを連れて

お出かけされる方も多いからのようにも

思います。

 

子どもは、好奇心で心はいつもいっぱいです。

興味を引くものが目に入れば、

あひょうパンダ一目散に駆け出すあひょうパンダのが 子どもです。

 

子どもの交通事故防止の有効な手立ては

き道路、駐車場ではお子さんの手を離さない!き

これにつきると思います。

 

くれぐれもお子さんの安全にご配慮いただき

これからの季節をご家族笑顔で過ごせますように!!smile

 


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
        

プロフィール

カテゴリ

        

最近の投稿

過去ログ

モバイル

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM