人口知能の開発がめざましい昨今。

それに伴い、玩具も様々な種類のものが

開発されているようです。

先日は、しゃべるぬいぐるみの記事を目にしました。

ぬいぐるみが 子どもが喜ぶ会話を実現し、

童謡も歌ってくれるようで、

売り上げは好調だそうです。

 

ところで、その記事を読んでいる時に

筆者の横では「しゃべらない柴犬」が、

だらけて 寝そべっていました。

「あんたは サービス精神がまったくないねえ〜」

と、何気に 頭を触ろうとすれば

「やな こったい」と言わんばかりに

するりを私の手をかわし、手の届かないところに

すたすた移動し、また寝始めました。

 

その時、つくづく思ったのが、

「生きている動物は こちらの思い通りには ならないなあ。。。」

という、あたりまえのことについてでした。

 

 =飼い主の言うことをまったくきかない犬でござるワン!=

 

 最近、驚くような事件が よく報道されています。

アイドルが SNSで、返事をくれなかったり、

自分の思い通りの反応をしてくれないと

キレてしまい、凶悪な犯罪へとエスカレートしたり

一方的に好意を寄せて、相手に断られると

途端に、好意が怒りへと変わり、

犯罪に発展してしまう事件等々。。。

 

このような報道に接するたびに、この犯人は

「人は、決して自分の思い通りには

 ならないものである」

という「あたりまえ」ことを

成長過程の中で「あたりまえのこと」

として、心にすり込む経験値が

足りなかったのかなあ。。

などと、ため息まじりに思います。

 

話しは戻り、そこで「おもちゃ」です。

子どもを楽しませてくれる様々なおもちゃ。

ボタンを押したら、自分の思い通りに

展開していくゲームや、

自分を決して否定せず、心地いい会話をしてくれるおもちゃ。

それらは 上手に使って遊べば 

子どもにとって 素晴らしい

遊び道具に なると思います。

しかし、基本的な性格の出来上がる幼児期に

優先してさせたいことは

 

いろんな友達と一緒に

遊ぶことだと思います。

 

その中で、ケンカして、自分を否定されたり

地団駄踏んで、悔しがったりしながら

 

思いを通したいけど 通せない・・・Docomo_kao18

こんな反応を期待するけど

相手は思い通りにはなってくれない・・・

 

じゃあどうする?

 

と、き子どもなりに葛藤する経験き

本当に大切な時間だと思います。

 

心の柔らかい幼児期にこそ 

よく泣き、よく怒り、心を揺さぶらせながら 

 

き自分の心に上手に折り合いを

 つけられる力を育て、

 着地点をみつける力を

 育むことの大切さき

 

を つくづく感じます。

 

「生きる力」を育める遊びの時間を

大事にしていきたいものですね。

 

 

 

 

 4月も中旬となりました。

今年の桜は、まだきれいな姿を

見せて、私たちを楽しませてくれています。

そして少しずつ 花の隙間から

黄緑色のきれいな若葉も見え始めました。

 初登園で大泣きだった子の涙が少なくなるこの時期に

例年、今までは泣かなかった子の涙が出始めます。

これが新入園児さんの「若葉のしずくあせ」です。

 

 入園当初は集団生活が どういうものか よくわからなかった子が、この時期になると

集団生活の「現実」が、分かり始めます。

 

・大好きなお母さんがいない。

・友達は自分の思い通りにはならない。

・順番を守ることや、チームで行動することの煩わしさを知る。

・ママ!と言えば、すべてが片付いていた生活から、

自分で出来ることは自分でしましょうモード」の生活がここにあった!

 

これらの現実は、子どもにとってはまさに、

アセアセ衝撃アセアセです。

 

涙が出て当然ですあせあせ

 

しかし 子どもは この「衝撃」という山を

越える力を持っています。

今は煩わしいと思っていることや、ストレスに感じていることも

きこれがあたりまえき」と、とらえられる日が来るのです。

 

幼稚園にはお母さんがいないのは、あたりまえ!

お友達が、思い通りにならないのも、あたりまえ!

順番を守り、チームで気持ちを合わせて生活するのも、あたりまえ!

自分で出来ることは自分でするのも、あたりまえ!

 

きこれこそが 成長ですね。き

 

「それが 普通!それが あたりまえだよ!楽しい」と

 感じられるようになる頃、子どもたちは、たくましくなった心で 次へのチャレンジに向かいます。おてんきおてんきおてんき

 

植物これが集団生活の醍醐味ですね植物

お子さんの涙をご覧になれば、

おかあさん、おとうさんは

きっとご心配だと思います。

しかし、ずっとこのままではありません。

お子さんは成長の階段を今 登っている真っ最中です。

 

ご家庭では、お子様に

たっぷりの睡眠、

時間に余裕を持っての朝ごはん

そして朝の排便!

と、万全なコンディションに、ご配慮いただき、

「あなたならだいじょうぶ!」と

笑顔いっぱいの「いってらっしゃい!undefined

で、お子様を支えていただきたいと思います。

 

幼稚園の職員も子どもたちの「不安や困り感」に 寄りそっていこう!

と、張り切っています!

 

若葉は やがて濃い緑色になります。

そのころの お子さんの成長が楽しみです!

頑張れ〜! 子どもたち!!

 

 

 

 

 

本日からいよいよ新年度!

この地方の桜も、だんだんと咲き始めました。

幼稚園・保育園の入園式も間近ですね。

お子様の初めての集団生活。

嬉しさよりも、不安の方が大きいと

おっしゃる方が多いのが

入園間近の、この時期です。

 

朝、泣かずに登園できるかしら?

友達と仲良く遊べるかしら?

先生のお話しが聞けるかしら?

トイレに行けるかしら?

困ったら、「先生!」ってちゃんと言えるかしら?

給食は食べられるかしら?

友達に乱暴なことをしないかしら?

順番を守れるかしら?

自分の持ち物の始末が出来るかしら?

 

考えれば考えるほどに 次から次へと

不安の種が、心の中をよぎってしまうのが

この時期の「子育てあるある」ですよね。

 

そして、たぶん・・・

いいえ きっと・・・ハートheartハート

 

朝はきっと泣くでしょうし

友達ともぶつかり合うでしょう。

給食だって、好きなものだけを食べ、

順番なんて、守れないでしょう

持ち物の始末だって

「やってくれないの?」

と泣けちゃうでしょう。

トイレも、失敗もあるでしょう。

 

そんな現実に、最初の一週間で

「やっぱり大変だ泣き

と、親御さんのほうが心が折れそうになるのが

4月の始めの時期です。

しかし、その道は

 

 きだれもが、通る道です!き

 

最初からスムーズに集団生活に馴染めるという子は、ほとんどいません。

 

お子さんは 初めての社会の

スタートラインに立ったのです。

立ちすくんで、不安になるのは

あってあたりまえの子どもの姿です。

 

ですから、お子さんが

たとえ大泣きしようが、トイレの失敗をしようが

「ここから わが子の成長が始まるんだわ!楽しみ!ハート

 どーんと構えていただくことが

この時期には とても大切なように感じます。

 

親子分離がスムーズに出来るようになり

お友達の良さを知り、

我慢が出来る強さを育て、

折り合いをつける社会性を身に着け

約束や順番が守れる自己コントロール力を育て

自分の気持ちや意見を臆せず言えるようになる。。

そして、だんだんと友達と協力できる力をつけ、

目標に向かってあきらめずに頑張ろうとする豊さを育てる!!

これらを、この春から

きだんだんと育てていくきのです。

 

お子さんの涙、表情 言葉に

一喜一憂することなく、

どーんと構えてください。まばたきにゃん虹

親御さんが心配そうな顔をすると

お子さんはもっと不安になります。

 

お子さんが安心できるのは

自分を信じてくれる親御さんの笑顔!ゆう★ゆう★

あなたなら大丈夫!手」という

子どもの力を信じてあげてこそ

お子さんも、自分を信じることが

できるようになり、心も落着き、

ふんばり、頑張ろうとする

勇気が湧いてくるはずです。

 

心配だったら、園の先生に様子を尋ね、

モヤモヤしている心を空にして

お子さんが 出来るようになってきていることを

おとうさん、おかあさん自身も 喜びながら、

一生に一度の 集団生活デビューの時期を

き楽しみにしてき

今の時期をお過ごしいただければ思います。

 

 

 

 


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
        

プロフィール

カテゴリ

        

最近の投稿

過去ログ

モバイル

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM