猛暑が続いています。

 

赤ちゃんがいらっしゃるお母さんにとって、抱っこも授乳も汗だくですね。

残暑 お見舞い申し上げますハートハートハート

 

お母さんにとっての子育てストレスは

気温、湿度に始まったことでは

ありませんね。

お腹に子どもを宿した瞬間から、

風邪をひいても、頭痛があっても

安易に薬は飲めず、

コーヒーなどのカフェインにも気を遣い、

転ばないようにと慎重に動き・・・

「妊娠」と同時に「制約」も

心に宿りましたね。

出産後も、授乳を考えれば、やはり、

自分が口にするものに、制約を課し、

ぐっすり眠れる日も少なく、

出かけたいところに行けず、

したいことも、なかなか出来ず・・

けれど、本当は・・・ひよこ

掃除もきちんとしたいし、

アイロンもかけたい!

買い物に行って、手の込んだ

お料理だってつくりたい!

でも、赤ちゃんが泣くたび、すべてが

一時停止」となってしまい、

ましてや、上の兄弟がいれば

そのあり余るエネルギーも

受け止めなければならず・・

あれよあれよと言う間に

一日が暮れていき 夜、片付かない部屋を

見回して「今日、何してたんだろう・パンダ

なんて思う日が 積み重なっていきますよね。

すると、笑顔でいることすら

やっと・・」になってしまいがちに・・

 

お母さんは、24時間年中無休!

世間はお盆休みといっても

これまた、お嫁さんの立場であれば、

正月、お盆は、別の忙しさまで、

加わります。

 

母親なんだから、

妻なんだから 

嫁なんだから

やってあたりまえ・・

 

という、世の風をビュンビュン感じ、

仕事から帰宅したご主人からは、

家事が出来ていなければ、

「一日、家に居て、何してたの?」

なーんて顔をされることも

あるかもしれません。

そんな時は

もうつかれたよぉ〜!!泣き

叫びたくなりますよね。

 

わかりますともハート わかりますともハート

 

赤ちゃんは 泣いて、笑うことでしか

気持ちを表現することはできません。

だからこそ、母性本能は、赤ちゃんの

「泣く、笑う」に、とっても敏感です。

赤ちゃんの表情に、一喜一憂、

慌てふためくのは、わが子の命の責任を

お母さんは強く受け止めているからですよね

 

暑い中、汗と涙をいっぱい流しながら、

頑張っているお母さん!

様々なことを我慢し、

いろんなことをあきらめ、

自己愛を封印し、

子どもへの愛を何より優先出来る

今のご自分にどうか

き誇りきを持ってください!!

 

今日、お子さんと手をつなぐ、

その一瞬一瞬が明日につながる

素晴らしい「時」です。

何も出来ていないのではなく、

子どもの心を育てる

ハートたしかなクリエイティブな毎日ハート

を、お母さんは過ごしています。

子育てをしながら、ふと悲しくなったり、

疲れを感じたら、お子さんの手を握って、

握り返してくれる子どもの力を

エネルギーに変えて、

頑張ってください!

お母さんの頑張り、

お母さんの溢れる思いは 

お子さんが、ちゃーんと 

わかってくれていますよ!晴れ

 

そして、お母さんをとりまく

ご家族のみなさま!

頑張るお母さんに是非

拍手をおくってあげてください!!クラッカー

お母さんの頑張りを認めることが出来るのは

他でもないご家族です。

どんな猛暑の日でも、お母さんへの拍手は

ご家庭に、そしてお母さんの心に

さわやかな「涼風」を

運んでくれると思います。花束

 

 

晴れ夏の子どもの生活について

 

いよいよ、8月に入り、夏休みも中盤になってきました。

このブログのホームグランドである、ベル幼稚園では、夏休み期間中も

「夏期自由登園日」を設けています。※お盆期間を除く

自由登園といえども、希望されるお子さんは大変多く、大勢のお子さんが

登園して、夏休み期間もにぎやかな ベル幼稚園です!

 

もちろん、本来は幼稚園は 夏休み期間。

そもそも 夏休みは 気温が高い季節の、子どもの健康面に

配慮された休みです。

したがって、幼稚園も、暑さによる子どもの体力消耗を考え、本来ならば、

午前中のみの自由登園が望ましいのかもしれませんが午後の暑い時間帯には、

休憩を十分に入れることに配慮することで、通常の幼稚園日程と同じく、

午後までを自由登園時間としています。

そこで、今日は

晴れ思いっきりあそび!!

 十分休憩する!!晴れ

そんな、ベル幼稚園の夏の生活をご紹介しますにじ

 

 どろんこパラダイス 

 プールあそび

 園外さんぽ

 シャワーの中でのかけっこ

 小学校のお姉さんとのふれあい

年長さんが、年少さんのお世話をしながらのお弁当時間

食欲が落ちないように、エアコンがかかっています。

 

 みんなで楽しくお絵描きです。

 

午前のアクティブな活動の後は、子どもたちもクタクタです。ゆう★

午後は、休憩を兼ねて、涼しいホールで お話しを聴いたり、

映画を見たりしながら、お昼寝とはいかないまでも、

しっかり休息をとる時間に、しています。

今からホールで映画を観ながら、休憩するんだ〜ハートハート

 

それでも、やはり、夏の疲れは出やすいようで今週に入り、体調を崩す子も、

見られているので、幼稚園でも気温を見ながら、空調設備を上手に使い、

水分補給の声かけをし、

 

思いっきり遊んで 十分休憩して

 

元気に夏を過ごせるように配慮していきたいと思います。

 

といわけで、このブログをお読みくださっている、みなさま!!

遊びと休憩 暑い時期は特に このバランスが大事です。

お子様と 元気に、楽しい夏を過ごされますように!

    リラックマVer.2 ハートheartハートheartハートheartハートheartハートheart リラックマVer.2

 

  延長保育の子どもたちは、お昼寝もします。

   ばたん きゅー おやすみなさい 

   目が覚めたら、また遊ぼうね ハートハートハート

 

なんだか 堅苦しい題でスタートした今回びっくり

 

しつけ というと、ずいぶん、押しつけがましく、厳しいイメージが漂いますが、

 

「しつけ」とは、

き子どもが、大人になった時に、社会から歓迎される良い習慣を

 家庭で、身につけさせることですねき

 

ここでは、3歳以下の、幼い子についての「家庭教育・しつけ」を

考えてみたいと思います。

 

 

幼児にとっての、間近な将来となる、保育園や幼稚園という社会の中で、

歓迎される良い習慣とは、どんなことでしょうか?

 

 

晴れにこにこしている

 

 

晴れ自分で出来そうなことは 自分でしようとする

 

 

 

晴れ「はい」の返事ができ「ありがとう」「ごめんなさい」が言える。

 

晴れたたいたり、かみついたりするのは、いけないことだと知っている。

 

 

これらを 家庭で、教えることは、なかなか難しいことかもしれません。

しかし、三つ子の魂、百までも と言われるように、3歳までに、家庭で

これらについて しっかりと習慣づけさせることは、とても大事です。

基本的な性格が出来上がるのは幼児期と言われているからです。

 

しつけのコツは 幼児期は模倣期ですので、厳しく、子どもに 

言って聞かせるのではなく、日々の生活の中で

 

大人がきお手本になってき見せていく

 

これが大事なことではないでしょうかひらめき

 

おとうさん、おかあさんが,ニコニコ笑顔で過ごし、家族互いに

あいさつをし、思いやり行動をする。

「はい」の返事もさわやかにし、楽しそうに、身じまいを整える。

子どもが「いいなあ・・やってみたいなあ!」と思えるような 

素敵なお手本を親御さんが き見せていく!き

そして、お子さん自ら、頑張ったら、完璧ではなくても、出来たところを

きらきら褒める!!きらきら

 

よい習慣が身につくと、子どもは、自然と、周りから認められ 自信がついていきます。

すると、次への挑戦へと、より、足が向いていき、伸びていけると思います。

 

 

子どもが 社会の中で 楽しみながら伸びていくためにも 親が 

お手本を見せ、やる気にさせ、子ども自身が出来そうなことは、どんどんさせていく。

なんでも親が、先回りして、やってしまわない。

そんな「家庭教育・しつけ」は、お子さんの心の確かな「土台」になっていく

はずです。無理せず、出来るところから 始めてみませんかおはな青い旗おはな赤い旗

 


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
        

プロフィール

カテゴリ

        

最近の投稿

過去ログ

モバイル

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM