公共の場所、友人の家、お店、レストラン・・

子どもと一緒にお出かけする際に

つい、気になってしまうのが

「周りの目」では ないでしょうか?

 

すいている時間だと思って、ベビーカーを電車の中に持ち込んだら

意外にも、混雑していた時など

周りの視線がすごく気になったり、

よそのお宅に子どもを連れていけば、

お部屋を汚したり、大事な物を壊しはしないかと、ハラハラし、

つい、いつも以上に子どもを、叱りすぎてしまい、ふと、

「このお母さんは、怒ってばっかりDocomo6

と、周りから思われているのでは・・と気になったり、

かといって、叱らなければ叱らないで、

「迷惑お構いなしの、ずうずうしい親よね暑い

と、思われるのではないか・・と、またまた気になったり・・

 

子連れで、出かけるたびに、

「本当に気疲れするわぁ〜Docomo103Docomo103汗

こんな ため息をつく親御さんの声をよく耳にします。

 

しかし!!

そんな悩めるあなたは、素晴らしい!

と あえて言いたいのです。

 

なぜならば

きその場の状況に合わせて、空気を読み、

 自分たち親子が、周りの中で 

 今、どうあるべきかを

 ちゃーんと考えながら、行動されている

 素晴らしい親御さんだからです!

 

たとえ、子どもがまだ、言葉も話せず

「いい わるい」が わからない赤ちゃんであっても、

子どもが周りに迷惑をかけている状況だと思ったら、

まずは、親が周りの方に「すみません」が伝わるアクションをとり、

子どもに「これはいけないよ、こうしようね」と、語りかけ、

自分の動作で示しながら、子どもに、その場での「あるべき姿」を見せて

いくことは大切だと思います。

脳が急成長する赤ちゃん期は すばらしいインプット期とも言えると思います。

よく「言葉が話せない赤ちゃんの頃から英語のシャワーを

浴びせるのは英語力の育ちに効果がある!」と、言われますよね。

聴かせているうちに、赤ちゃんの脳の中に 情報が蓄積され、

やがてある時に、言葉として溢れだす。。。

それと同じですね。

インプットしているから、アウトプットが出来るようになるんですよね。

 

子ども時代は模倣時代です。

親の言動を真似しながら、子どもは様々なことを 吸収し、覚えていきます。

子どもは親の行動を見ながら、理屈ではなく、自然に

「場に合わせながら、こうして振る舞うんだ」

と、学習を重ねていくと思います。

 

ですから、まだ、言葉が出ない赤ちゃんの頃からでも

店先などでは、「これは大事ね。 さわらないよ」

レストランでは「すわって たべようね」

と、言葉をかけることは、決して無意味ではないと思うのです。

また、筆者の体験から言えば、子どもが赤ん坊の頃から、

いろんな場所で、よく使ったのが「ご迷惑だよ」という言葉でした。

赤ちゃんの頃から伝え続けていると、やがて2歳を過ぎた頃になると、

「ご迷惑だよ」と言うだけで、子どもは、

周りの中で、今、自分がしている行動の意味」が、

なんとなくではありますが、理解できている様子でした。

 

親が、周りの方々に気配りをしながら行動する姿や

自分に語りかけてくれる言葉は

子どもにとって、素晴らしいお手本であり、大事な情報だと思います。

自然に「人として当たり前の姿」として、子どもは、自分の心に

それらを、すり込んでいくはずです。

これが「常識」のインプットだと思うのです。

 

常識はある日突然、身につくものではありませんものね。

 

「周りの目を気にしながらのお出かけ」

 素晴らしいじゃないですか!

 

この台風が過ぎ去れば、残暑も収まり、いよいよ秋本番になりますね。

お出かけには最高の季節です!

その「気疲れ」は報われますよ!

お出かけを楽しんでくださいね!!にじ晴れ

 

 

もうすぐ敬老の日ですね。

 

 今日は、亡くなった祖母の思い出を書きます。晴れ

小学校低学年くらいの頃、母親に叱られると、よく近所の祖母の家に甘えに行っていました。

祖母は、いつも、笑いながら私の頭をなぜてくれ、

「一緒にお母さんに謝りに行こう。おばあちゃんも一緒だからだいじょうぶだよ」と、そのたびに、手をひいて私を家まで送ってくれました。

「おばあちゃんは 優しい。おばあちゃんは私がいい子だと思ってくれている!」

と、すごく嬉しかったことは、今でもずっと心に残っています。

母は私を呼び捨てで呼んでいましたが、祖母は必ず私を「ちゃん付け」で呼んでくれました。

虫歯になるからダメ!と母に言われる、チョコレートやキャラメルも 祖母は食べさせてくれ、いろんなことが許される、大目にみてもらえるのが、祖母の家でした。

母は仕事をしていたので、鍵っ子だった私は、叱られた時以外でも

寂しかったり、学校で何かあれば、祖母の家に行き、

「いい子だよ。賢い子だよ。」と頭を撫でられ、ほっこりしていましたheartにじ

今にして思えば、いろんな「もやもや」を、前向きにリセットできる場所だったと感じています。

 

ところが、いざ、自分が親になってみると、孫を甘えやかす自分の親について「余計なことを・・・マジで」と思ってしまうことも少なからずありました。

しかし、おじいちゃん、おばあちゃんが施す「きゆとり教育き」は、やはりわが子にとっても、「エネルギーチャージ」の場所になっていたようです。

親は親の立場で、祖父母は祖父母の立場で互いに「愛情」が基盤にあるからこそ、子どもに向ける思い、行動が、違うことが、かえって、子どもにとっては、「きらきらいろんな考え方を受け入れる経験きらきら」として、心が豊かに広がることにもつながっていくようにも感じます。

 

様々な人から 様々な立場から 愛情を注がれ、多様な考え方を教わり、子どもは育っていくものではないでしょうか。

 

天国にいるおばあちゃーん! ありがとう!!

 

 

紅茶を飲むと、思い出す友人がいます。

自分より、かなり年上の、あこがれの友人です。

彼女の家に遊びにいくと、必ず紅茶を出してくれました。

そして、さんざんおしゃべりして、笑い転げたあとに、

いつも口癖のように言う言葉が、

き一杯の紅茶で こんなに贅沢な時間が過ごせるのよねき

でした。

 

この言葉は、彼女の人柄を とてもよく表していました。

 

彼女は、物を大事にされ、生活のこまごまとしたことを、

丁寧にこなし、それを楽しんでいる様子がありましたハート

お料理も上手、掃除も上手、裁縫も、庭仕事も上手 そして子育ても・・・

筆者といえば、当時(今もですが・・)家事はすべて手抜き、なんでも

やっつけ仕事で、お恥ずかしいありさま・・

ですから、彼女と出会い、生活を大事にすることの素晴らしさに感動し、

大いに刺激を受けました。

また、母親としての大先輩の彼女に、自分の親や、姑にも言いにくい、

子育ての中での愚痴やら、悩みもよく聞いてもらっていました。

彼女が、「そんなの だいじょうぶよ〜!おてんき」と言ってくれると、

本当に大丈夫な気がして、元気になっていました。

どんな素敵なレストランで食事をするよりも、彼女と紅茶を飲みながら、

時を忘れて、お話しする時間は私にとって、贅沢な時間でした。

 

贅沢とは・・こういうことなんだ!ハートハートハート

と いつも帰り道に「幸せ」を感じていました。

一緒に話す ただそれだけで 落ち込んでいても、引っぱり上げてもらえる。

しかし、残念なことに、数年前に、彼女は海外に移住してしまい、今は、

以前のように会えなくなりました汗

なので、紅茶を飲むたびに、彼女を懐かしんでいる昨今です。ハートheartハート

 

さて、先日、筆者の自宅に、私よりも ずいぶん年下の

子育て真っ最中の友人が遊びにきました。

コーヒー 一杯で、2時間くらいおしゃべりして、帰り際に彼女が

「楽しかった!なんか元気になりました!また来ていいですか〜!」

と、言ってくれました。

私はすっかり嬉しくなって

「一杯のコーヒーで、こんなに楽しい時間がすごせるなんて、

 贅沢な日になったわ!ありがとね」

と、友人を真似して 言っていました。

 

私は、「スーパー主婦」の友人から、料理も、裁縫も 掃除も 憧れだけで

結局、学べず、いいかげんなままの現在ですが、

年の離れた友人との 幸せな時間の過ごし方は 少し学べた気がしています。

 

幼稚園、保育園、小学校と、集うお母さんたちには、年齢の幅がありますよね。

しかし、年が離れているからこそ、お互いに学び合い、刺激し合い、

楽しめる関係も生まれるということもいっぱいあると思います。

幸せ、嬉しさをいっぱい感じるお友達から、元気や知恵をもらって

子育ても、生活も 人生も エンジョイしていただければ!と思いますにじ晴れ

 

 

 


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
        

プロフィール

カテゴリ

        

最近の投稿

過去ログ

モバイル

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM